PowerPointの歴史

 

パワーポイントの歴史

バージョン 12

  • PowerPoint 2007(Windows版)
  • PowerPointの標準のファイル保存形式が変更された。
  • 図形や書式に対する基本機能の強化が行われ、以前に比べより多彩で魅力的なプレゼンテーション作成が可能となった。
  • Slides.Addメソッドの廃止(Slides.AddSlideメソッドの新設)

バージョン13

忌み番号のため欠番

バージョン 14

  • PowerPoint 2010(Windows版)
  • PowerPoint 2011(Mac OS X版)
  • 写真やビデオの編集が可能で、背景の削除などの効果を行えるようになった。
  • DirectX 9経由でGPUを用い、ページの切り替えやアニメーション機能などにハードウェアアクセラレーションを利用するようになった。
  • ファイルを動画ファイルとして保存することが可能になった。
  • 「セクション」の導入

バージョン 15

  • PowerPoint 2013(Windows版)

バージョン 16

  • PowerPoint 2016(Windows版、OS X版、iOS版)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です